福田とみかずの「新とみかず政策宣言」
HOME > 新とみかず政策宣言・2012 >

7・揺るぎない基盤“とちぎ”

福田とみかずのマニフェスト【2012年版】

こちらのページは2012年版のマニフェストです。最新版【とみかず元気宣言2016】はこちらからご覧ください

 

新とみかず政策宣言・2012

“チームとちぎ”の力で元気度日本一に

7・揺るぎない基盤“とちぎ”【16項目】
7-1 選択と集中による県政運営
1・「とちぎ未来開拓プログラム」を踏まえた財政健全化に着実に取り組みます 【通期】

「とちぎ未来開拓プログラム」の考え方を継承し、「財政健全化取組方針」を定め、新たな行政需要に対応しながら引き続き財政健全化に取り組みます。

2・新たな定員管理計画を策定します 【前期】

県民の行政ニーズに適切に対応しながら、総人件費抑制の観点から引き続き職員の定員管理に努めます。

3・総合的な県立病院改革を推進します 【後期】

安定した病院経営のもとで、県民に良質な医療を継続して提供するため、経営形態の見直しを含めた県立病院全般にわたる改革を推進します。

4・既存大規模県民利用施設の今後の方向性に関するあり方を検討します 【通期】

限られた行財政資源を有効活用するため、県有施設の整備、更新の方向性を検討します。

7-2 とちぎの自治のかたちづくり
1・県民協働による新たな自治のかたちづくりに取り組みます
2・民間の知恵や活力の積極的な活用を図ります
3・市町村重視の県政を推進します
4・地方分権改革の推進と道州制導入に向けた対応を図ります
5・県政情報のウェブコンテンツの充実を図ります
7-3 とちぎの基盤づくり
1・東北自動車道宇都宮IC以北の6車線化等渋滞対策促進と高速道路の利便性をさらに高めるスマートICの整備を促進します
2・県内各地域の活力と利便性を増進させる道路ネットワークの整備を推進します
3・全国のモデルとなる安全で安心な管理型最終処分場の整備を推進します
7-4 さらなるとちぎの飛躍に向けて
1・とちぎブランドの確立を図る「新とちぎ百選」の選定を進めます 【後期】

「新とちぎ百選」の選定を通じて県民の郷土愛を深めるとともに、とちぎブランドの確立を図ります。

2・有名有力県とちぎの発信力を高め、魅力度ランキングの向上を図ります
3・栃木県アンテナショップ「とちまるショップ」を活用した情報発信を進めます
4・高速交通網を活用した物流インフラの整備促進や、広域的な連携によるとちぎのポテンシャルアップを図ります
1・災害に強い“とちぎ”
2・人が輝く“とちぎ”
3・支え合い思いやる“とちぎ”
4・健康長寿“とちぎ”
5・成長力あふれる“とちぎ”
6・環境を守り活かす“とちぎ”
7・揺るぎない基盤“とちぎ”